2018.10

Moringa

リーキーガット症候群に良い食材とは?

「リーキーガット症候群」という病気をご存知でしょうか?

「漏れる」の形容詞系”Leaky”に、”gut”「腸」で、“腸漏れ“という意味です。

腸の粘膜に小さな穴が空き、異物(菌・ウイルス・たんぱく質)が血中に漏れだす状態にある腸”のことを言います。

腸は、第二の脳と言われ、免疫細胞の70%が集まっています。腸の健康は、健康に欠かせないのです。

<リーキーガット症候群が引き起こす症状とは?>

腸のバリア機能が壊れ、免疫機能が正常に働かず、様々な病気の原因になっていると言われています。通常の炎症のように痛みや発熱を伴ったりはせず、じわじわとゆっくり身体にダメージを与えます。

・花粉症や食物アレルギー

・喘息やアトピーなどアレルギー系の症状

・子宮筋腫や更年期障害など女性器系の病気

・カンジダ

・口臭や体臭の悪化

・頭痛や発熱

・低血糖症、糖尿病

・統合失調症やうつ病、自閉症など

・肥満

・潰瘍性大腸炎

・ガン

原因不明の不調や、アレルギー、慢性疾患に悩まされている方は、

一度、この「リーキーガット症候群」の可能性を疑ってみると良いかもしれません。

<リーキーガット症候群の原因は?>

現代的な生活、腸内の悪性菌の増殖や食品添加物、農薬によって、リーキーガット症候群が誘発されていると考えられています。

具体的には、以下のような原因です。

 

・ピルや抗生剤の使用によるカンジダ菌の増加

・食品添加物、保存料により、腸内の善玉菌が殺されてしまうこと

・グルテンの過剰摂取による、「ゾヌリン」の増加

 

<リーキーガット症候群を予防するには?>

食品に含まれる保存料や農薬は、悪い菌だけではなく、良い菌も殺し、腸内細菌をなくし腸内環境を悪化させてしまいます。

コンビニやスーパーで販売されるお惣菜には、保存料や合成調味料が含まれているので、なるべく避けましょう。

とは言え、無農薬野菜だけを使って自炊したものだけを食べるというのは、難しいですよね。

外食や加工食品を選ぶ際には、以下のポイントをチェックしてみてください。

 

・チェーン店のセントラルキッチンで作られた料理ではなく、個人経営のお店のキッチンで作られた料理を選ぶ

・亜硫酸Na(ハムやベーコンなどの加工肉の発色を鮮やかに見せる食品添加物は、

食材のボツリヌス菌も殺す殺菌材の役割もある)が添加された加工食品を避ける

<積極的に摂りたい食材は?>

腸内環境を整える乳酸菌やビフィズス菌は、水溶性植物繊維をエサに発酵して活動しています。

したがって、下記のような水溶性食物繊維の多い食品を積極的に摂ると良いでしょう。

 

・海藻、モロヘイヤ、オクラ、ゴボウ、にんにく、玉ねぎ、こんにゃく、

・プルーン、アボガド、キウイフルーツ、りんご

 

また、抗菌、殺菌作用があり、カンジダ菌対策に良い食材は以下の通りです。

・ココナッツオイル

・香味野菜、ハーブ類(オレガノ、シナモン、生姜、バジル、クミン、ターメリック) 

 

オレガノなどは、海外ではカンジダ菌対策のサプリメントによく使われています。

カンジダ菌の栄養源は、「糖質」です。

炭水化物、糖質の多い芋類、砂糖類を控えることも重要です。

一般的に腸内環境にも良いと言われるキムチや味噌などの発酵食品ですが、

悪玉菌が優位な体調で摂ると、悪玉菌の発酵を手伝ってしまうことがあるので、体調を見ながら摂るようにすると良いでしょう。

また、モリンガは、食物繊維が豊富なだけではなく、栄養バランスに優れ、血糖値の上昇を抑える作用もあります。

そのため、腸内環境を整えるためにも有効な毎日摂りたい食材です。