2019.05

Moringa

モリンガパウダーはどのくらい摂ったら良いの?

032A9134モリンガパウダーをどのくらい摂ったら良いのか、というご質問はとても多いです。

でも、これは、「ほうれん草どのくらい食べたらいいの?」という質問と同じ。

そう、モリンガは、植物、野菜と同じだからです。

とは言っても、モリンガという食べ物は、まだ馴染みがないので、

肌感覚で、どのくらいなのか分かりづらいのだと思います。

具体的に、様々なレポートと、実際に試されたお客様から寄せられた声をもとに、

私だったら、こうしますというお話をさせていただければと思います。

まずは1日スプーン1杯から

まずは、日頃の栄養補助に1日スプーン1杯から始めてくださいと言っています。

ただし、よほど敏感な人でない限り、1日スプーン1杯ぐらいだと、体の違いを実感することはないと思います。

なぜこのぐらいからと言っているかというと、モリンガはデトックス効果が高いので、

ごくごく稀に、そのデトックスの結果としてお腹が緩くなるという方もいらっしゃるからです。

特に、気になる不調もないけれども、栄養補給と健康のために何かしたいという方にオススメの量です。

では、体の調子が悪くて、体質改善をしたいと思っている方には、どのくらいが良いのでしょうか?

体質改善には

体質改善には、モリンガパウダーは、最低でも1日5g、できれば10gぐらい摂っていただくと良いと思います。

これは、長年、モリンガの研究をしている博士もおすすめしている量で、私も同感です。

私が、目を通した研究結果でも、

人間の体重に換算すると、約10-15gぐらいのモリンガ葉抽出液やモリンガの葉が投与された実験が多いです。

このような実験は、2、3週間の短期で効果測定をしています。

しかし、実際の体質改善は、何かをちょっと食べたらからといって、体調に違いは感じられるかもしれませんが、

すぐに体質が変わるわけではありません。

体質改善は、最低でも、3ヶ月、半年、1年と根気よく様子を見ていく必要があります。

大山の著書『奇跡のモリンガ』内にも記載したように、

モリンガには、骨粗鬆症の改善にも役立つという実験報告がありますが、

毎日1gのモリンガパウダーの摂取を2ヶ月続けただけでは、数値に変化はなかったというように、

体調に悩みがあって、それを改善したいという場合には、もっと多くの量をとることをオススメします。

多すぎて、副作用があるという報告はありません。

では、どのくらいが「多すぎ」になるのか?というと、

毎日100gとかいうレベルです。

これも、別に体に悪いことではないですが、そこまでする必要はないかなという感じです。

1日モリンガパウダーを5-10g数日間摂ると、体の違いは、感じやすくなると思います。

私の場合、足がむくみ疲れがとれないなと思っていたのですが、3日間10g程度の摂取を続けると、

5時間睡眠でもアラーム前にパッと目が覚め、体が軽く楽になるのを実感しました。

適正量は、人それぞれ異なる

『奇跡のモリンガ』でも、実験例を掲載していますが、人体へ行われた実験の多くが、

栄養失調や母乳量に対する効果測定です。

なぜでしょうか?

実験は、被験者が同じ条件でなければなりません。

つまり、最低でも同じものを食べていること(栄養が体調に影響しますから)となると、入院中の患者が対象となるのです。

そうでない場合には、被験者を一定期間拘束する必要がありますから、莫大な金額がかかりますね。

普段の食生活は、人それぞれ異なります。

大抵、忙しい時は、食生活も疎かになりますよね。

更に、エクササイズの習慣やストレス度合いなども加わって、実際の体調は変化します。

ですから、モリンガを食べても、同じ量で体の違いを感じる方もいれば、感じない方もいます。

適正量は、人それぞれ違うので、自分で試しながら、見つけていくしかないのです。

私だったら?

私は、術後、毎日スプーン1杯程度のモリンガパウダーを摂ってきましたが、

『奇跡のモリンガ』を書くにあたって調査した内容を術後すぐに知っていたら、

毎日モリンガパウダーを10g摂っていたと思います。

治療が難しい疾患や現在進行中でがんと闘っている友人がいれば、

同じように、毎日最低10gのモリンガパウダーをおすすめするでしょう。

小さな子供には?

毎日2gぐらいのモリンガパウダーを食事の中に混ぜて、必要な栄養が不足しないようにすると思います。

高齢の両親には?

毎日、最低2g、できたら、5gぐらいをすすめます。

上手なモリンガ生活の仕方

モリンガパウダーだけで、5g以上摂取するのは大変なので、

モリンガパウダーを添加物一切使わず、プレスだけで錠剤にしたモリンガタブレットとの併用をオススメします。

JUJUBODYのモリンガタブレットは、喉に引っかからないよう、あえて小さな錠剤になっています。

モリンガタブレット4粒で、モリンガパウダー1g換算です。

毎食時に10粒ぐらい(若い人だと2,3粒一気に飲めてしまうので)飲むと、

簡単に1日モリンガパウダー5-10gの間の量が摂れるというわけです。

胃腸の調子が悪いときや、食べすぎてもたれてしまうとき、お腹がスッキリしない時には、

温かいモリンガティーがオススメです。

モリンガパウダーやタブレットでモリンガを摂るよりも、こういう時には、モリンガティーが効く気がします。

ぜひ、皆さんも、どのようにモリンガを自分の生活に摂り入れると良いか、楽しみながら、

モリンガ生活の自分なりのコツを見つけてみてください。