2017.08

Moringa

美肌は毛細血管から

美肌には、毛細血管が関係

肌のくすみやシミには、毛細血管が関係していると注目を集めています。

血管の99%が毛細血管で、体中に張り巡らせています。

毛細血管の外側には壁細胞と呼ばれる細胞が所々に張り付いています。

この壁細胞が張り付くことで、栄養や酸素が漏れにくくなっています。

それが年を重ねるにつれて、外側を覆う壁細胞が剥がれ、ダメージを受けてしまいます。

毛細血管の壁細胞が剥がれると、栄養や酸素が途中で漏れてしまい、体の隅々まで栄養や酸素が届かなくなってしまいます。

栄養がなくなると、コラーゲンを作る能力が衰え、肌に弾力がなくなり、シワの原因になります。

つまり、肌の老化という現象が起きてしまうのです。

シミやくすみの原因

シミやくすみが生じるには、様々な要因があります。

・疲れやストレス、生活習慣の乱れなどによる身体の巡りの滞り

・加齢などによる女性ホルモンの分泌異常

・紫外線を受けることによるメラニン色素の沈着

・皮膚炎症疾患 (ニキビ、吹き出物、アトピー性皮膚炎など)による色素沈着

これらの原因により、肌がダメージを受け、血流不良が起きます。

年齢で老化する毛細血管

30代はスムーズに流れている毛細血管ですが、40代になると形が歪み、

50代になると、3割近く、毛細血管の壁細胞は剥がれてしまうと言われています。

健全な状態では、毛細血管は、ヘアピンのように、はっきりと映りますが、

老化や生活習慣で血流が減ると、毛細血管が消えかかり、これをゴースト化と呼んでいます。

60代になると毛細血管の一部はゴースト化し、

70代になると、皮膚の毛細血管の4割が消えてしまうことが報告されています。

健康的な美肌を維持するには、毛細血管の健康はとても重要なのです。

毛細血管の働きが弱まることで新陳代謝が下がり、栄養の吸収・老廃物の排出ができなくなり、

シミやくすみができてしまいます。

毛細血管の老化は、シミやくすみの原因と同じ現象を結果的に引き起こしているのです。

つまり、毛細血管の一本一本が健康で、血流の良い状態を保つことができれば、肌がくすんだり、シミができる可能性は低くなります。

毛細血管年齢をチェックするには?

以下の点に該当するほど、毛細血管年齢が衰えている可能性があります。

・白髪が増えてきた

・寝ても疲れが取れない

・シミや小ジワが増えてきた

・目の下にクマができる

・顔や足がむくみやすい

・目が疲れやすい

・舌の表面の色がピンク色ではなく、暗い褐色や紫色になっている

・耳たぶにシワがある

・体が冷える

毛細血管に良い食べ物

<シナモン>

シナモンには、血行を改善し、老廃物の排出を促進させる効果があるため、シミ予防が期待できます。

シナモンは、漢方では桂皮(ケイヒ)と呼ぼれ、血流改善に効果があることで知られています。

八つ橋に含まれる「ニッキ」にも同様の働きがあります。

毎日、少量を摂取すると良いので、コーヒーやトーストにシナモンを振りかけて摂取すると良いでしょう。

<ルイボスティー>

ルイボスティーは、南アフリカ原産のお茶です。

ケープタウンの北方セダルバーグ山脈一帯にのみ自生する植物の葉を乾燥させたものです。

フラボノールなど抗酸化作用を含んでおり、活性化酸素を抑制すると期待されています。

カフェインを含んでいないので、夜、紅茶代わりに飲むのも良いでしょう。

<モリンガ>

ガーナでは、モリンガの葉を食することで、血管が綺麗になると言われています。

ビタミンCを始め、12種類のビタミン、ポリフェノールなど抗酸化物質がたくさん含まれており、

活性酸素を抑制し、血管の健康に効果が期待できます。

モリンガの葉を乾燥させた粉末、モリンガパウダーを食事に取り入れてみましょう。

 

発酵食品、カカオ、人参、ゴーヤ、緑茶、玉ねぎ、キウイ、葉酸などをたくさん含むモロヘイヤなども

血行の流れを良くするために、良い食べものです。

これらの食べ物を食生活に取り入れる他に、適度な運動をし、血流を良くすることも重要です。

 

参考:http://bkprs.com/bihada-kekkan-hihatsu-nhk/

http://news.mynavi.jp/kikaku/2017/02/07/003/