2019.07

Moringa

夏の紫外線ケアに天然植物美容オイルを

一年の中でも紫外線の量がピークとなるのは、5月~8月と言われています。

紫外線対策に敏感になっている方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

紫外線による日焼けには、2種類あるのをご存じでしょうか。

肌質と日焼けの違い

ひとつは肌が赤くなる「サンバーン」。

もうひとつは、肌の色が黒くなる「サンタン」です。

通常は、日光に当たって8~24時間でサンバーンがピークとなり、

2~3日後にサンバーンが消失するとサンタンが起こります。

日本人の肌は主に、紫外線に当たると「黒くなる肌(=赤くなってから黒くなる肌&すぐに黒くなる肌)」と、

「赤くなるだけで戻る肌」に大きく分けられます。

この差は主に、メラニンを作る能力の違いから生まれます。

乾燥肌と敏感肌を持つ人に多い「黒くなる肌」はシミが、

「赤くなって戻る肌」はシワ・たるみができやすいと言われています。

日焼けは、目からも

日焼けをしないように、帽子や長袖のシャツを着たり、日傘を差して、

一生懸命肌を守っていても、目の対策を疎かにしていませんか?

実は、目から日を浴びることが、肌の日焼けに繋がるのです。

目に強い紫外線が入ると、それを察知した脳は防御反応を示し、体内にメラニン色素を作るように命令を出します。

このメラニン色素は、紫外線が皮膚の細胞を破壊しないよう防ぐために生成されるものですが、

過剰に生成されると、シミやそばかすの原因になることがあるのです。

ですから、UVカットのサングラスで、角膜を保護するようにしましょう。

お出かけ前のビフォーケアに

未精製シアバターには、SPF8程度の天然の紫外線予防効果があります。

ガーナでは、強い日差しと乾燥から守るために、生まれたばかりの赤ちゃんにも塗られています。

脱臭・脱色された精製シアバターと違い、未精製のシアバターには、天然のビタミンEが含まれています。

このビタミンEは、抗酸化作用があり、オイルの酸化を防いでくれるものですが、

精製すると、精製時に取り除かれてしまいます。

天然の未精製シアバターには、高い保湿性と肌の老化を防ぐ抗酸化作用、抗炎症作用があるので、

老若男女問わず日焼けによる肌トラブルを防ぐのに役立ってくれるのです。

日焼けした肌のアフターケアに

うっかり日焼けをしてしまった時には、

乾燥した肌を回復させ、肌本来の保水バリア機能を修復させる効果のあるモリンガオイルがお勧めです。

酸化しづらく肌にうるおいとハリを与えてくれるモリンガオイルは、

日焼け後の乾燥しがちなお肌を守ってくれます。

長時間紫外線を浴びて、肌にほてりや痛みがでている時は、

まずはクールダウンさせて、肌の状態が落ち着いてからお手入れをすることをお勧めします。

酸化しづらい天然植物美容オイルを夏の肌ケアに

天然の植物オイルは、紫外線で痛んだ肌のケアに便利です。

オイルというと、油焼けを心配する方がいらっしゃしますが、これはあまり科学的根拠のないものです。

粗悪な酸化しやすいオイルを日差しの下で塗らない限り、オイル焼けの心配はいりません。

この時期は、特に、酸化しづらい植物オイルを選ぶようにしましょう。

では、酸化しづらいオイルには、どのようなものがあるでしょうか?

酸化しにくいオイルとは?

IMG_5995代表的なオイルとしては、

ホホバオイル、ココナッツオイル、アルガンオイル、シアバター、モリンガオイル など、

暑いところで育つ植物から抽出されるオイルは、酸化しづらいオイルばかりです。

一方、ローズヒップオイルや馬油などは、酸化しやすいオイルです。

ローズヒップオイルは、美白に有効なビタミンCが豊富に含まれており、

美容オイルによく使われるオイルですが、酸化しやすいため、

ローズヒップオイルの中には、ナイトケア専用に提供されているものもあります。

ぜひ、自分に合った美容オイルをTPOに合わせて選択し、

トラブルの無い肌を目指して夏の楽しい思い出をたくさん作りましょう!