お肌の油分を必要以上に奪わず、負担をかけずに、しっかり洗浄しながら、保湿できるのは、シアバター石鹸ならでは。

液体のボディソープや洗顔料は、簡単に泡立ち、使いやすいので、忙しい現代生活の中で重宝されています。
しかし、今、美容業界では、昔ながらの石鹸の良さが注目され、見直されています。なぜでしょうか。

液体洗浄剤には、水と油など本来混じり合わない物質の界面に働きかけ混じり合わせるため、界面活性剤が配合されています。汚れを取り去ることや、美容成分を肌に浸透しやすくすること、乳液やクリームが分離しないように安定させるためです。

近代になって開発された界面活性剤、合成界面活性剤には必要以上に強い洗浄力を持つものがあり、皮膚表面のタンパク質を溶かし、皮脂を奪ってしまいます。この必要以上に皮脂が奪われた状態が、洗顔後のツッパリです。

このような洗顔やボディウォッシュを繰り返していると、角質層がもろくなり、顆粒層が壊れやすくなり、表皮の壁がダメージを受け、むしろ肌が弱くなり、肌トラブルの原因となっています。

洗顔や身体を洗った後に、肌のツッパリやかゆみを感じるのは、角質層へのダメージが原因だったのです。

なぜ石鹸が良いのか

一方、なぜ石鹸が良いかというと、石鹸は、紀元前3000年頃に発明された最もシンプルで歴史のある界面活性剤だからです。

石鹸は、昔、遊牧民が薪をくべて羊の肉を焼いたところ、羊の油がアルカリ性の灰の上にたれて、石鹸ができたことが起源だといわれています。その土は、汚れを落とす不思議な土として重宝されるようになりました。こうして、木灰にいろいろな油を混ぜて煮て、石鹸が作られるようになっていきました。

一部、石鹸には界面活性剤が入っていないという誤った情報がありますが、実際には、石鹸も、界面活性剤なのです。石鹸は、動植物の油を水酸化ナトリウム、もしくは水酸化カリウムのアルカリで煮て作ります。

これらは、肌に触れても水と一緒に流す事ができ、肌に吸収される事がないため、人体には無害で低刺激です。

界面活性剤が「肌に悪い」のではありません。

界面活性剤がなければ、体も顔も髪も洗うことができませんし、洗濯もできません。手頃なため、液体ソープによく利用されるラウレス硫酸Naや、ラウリル硫酸Naなどの界面活性剤の一部の成分に含まれる強い洗浄力や、すでに5000年の歴史がある石鹸に比べ、歴史の浅い合成洗剤の長期的な使用による人体への影響がまだ解明されきれていないことが問題なのです。

石鹸と一部の合成界面活性剤との違い

石鹸は、一部の合成界面活性剤と異なり、温水で洗い流すと肌に界面活性剤が残らないため、不用意に角質を剥がしません。アトピーや湿疹に悩む方が、固形石鹸洗浄に変えてから症状が回復するという報告が後を絶ちませんが、それは、液体ソープに含まれる合成界面活性剤や化学物質へのアレルギー反応が原因だったと言われています。

固形石鹸は、泡立てるのにちょっと手間かもしれませんが、その数秒を惜しむことなく、美肌のため、心の余裕を持って生活をしたいものです。

JUJUBODYのシアバターソープはここがちがう!

JUJUBODYのシアバターソープは、ガーナの工房で、コールドプロセス手法で、丁寧に手作づくりされています。乾燥に1ヶ月以上かかるコールドプロセス手法は、大量生産に向かないため、大手化粧品会社ではできない製造方法です。

65%ものシアバターが配合できるのは、シアバター原産国ガーナだからこそ。高価な天然素材をふんだんに使った贅沢な石鹸です。

しっかり洗浄しながら、シアバターが保湿をしてくれるので、洗浄後の嫌なツッパリがありません。

生産者との物語

もともと趣味で始めた手作り石鹸が評判を呼び、今ではガーナを代表する女性起業家、美容家となり、様々な賞を受賞している笑顔が素敵な女性です。アクラ市内に直営店を数店舗構え、米国、フランスへも自社製品を輸出しています。それでも、変わらないのは、シンプルかつ丁寧な手作業による製造。シアバターをメインに、ガーナ原産の天然オイル、ナチュラルハーブ、エッセンシャルオイルと、天然素材だけで作り上げた石鹸は、まさに母なる大地アフリカからの贈り物。ほのかな自然な芳香をまとったこのシアバター石鹸を一度使ったら、もう市販の液体ソープや洗顔料は使えなくなってしまいます。

Moringa & Shea Butter Soap モリンガ&シアバターソープ

配合成分 効能
シアバター 高い保湿効果、肌を保護し、柔らかくする作用。きめ細やかな泡立ちに。
パームオイル 未精製のレッドパームオイルは、ビタミンEやカロテンが豊富で、溶け崩れにくく、洗浄力のある石鹸にしてくれます。
ラズベリー種子油 表皮の再生、バリア機能の回復を促進し、乾燥、荒れた肌の改善と美白が期待できます。
実際、手に取ると、結構大きな石鹸で、半分にして使っても良いかなと思うほどです。ボディはもちろん、低刺激で、フェイシャルにも、もちろんご利用いただけます。赤ちゃんやお子様、肌の弱い方もご利用いただけます。ティートリー、セージ &シアバターフェイシャルソープに比べると、少し柔らかめの石鹸ですが、水切りの良いところ保管すると、全身に使っても、2ヶ月は持つでしょう。 ココナッツオイル 高い保湿効果。肌に優しく、泡立ちと洗浄力を与え、毛穴の黒ずみ、ニキビから肌を守り、清潔に美しく保ちます。
オリーブオイル オレイン酸を非常に多く含んでいます。保湿に役立つ天然のスクワレンも多く含みます。ビタミンAやEが含まれます。
ハチミツ ビタミンB群、ビタミンCが豊富で、肉体疲労や肌荒れにも効果的。むくみを改善してデトックス効果があるとされるカリウムも含まれ、美肌に効果があります。
モリンガオイル 肌にビタミン、亜鉛、カルシウムなど豊富な栄養と潤いを与えます。

Tea Tree, Sage & Shea Butter Facial Soap ティートリー、セージ & シアバターフェイシャルソープ

配合成分 効能
シアバター 高い保湿効果、肌を保護し、柔らかくする作用。きめ細やかな泡立ちに。
パームオイル 未精製のレッドパームオイルは、ビタミンEやカロテンが豊富で、溶け崩れにくく、洗浄力のある石鹸にしてくれます。
ラズベリー種子油 表皮の再生、バリア機能の回復を促進し、乾燥、荒れた肌の改善と美白が期待できます。
ティートリーの殺菌効果とシアバターの保湿効果に、抗菌作用とお肌の引き締め効果のあるセージも加わり、吹き出物やニキビ対策に優れたフェイシャルソープです。汚れをしっかり洗い落としながら、保湿してくれます。クレイも入っているため、洗顔後のお肌は、まさにフェイシャルパック後のような肌触りに。高いフェイシャルパックは、もう必要ありません。毎日の洗顔は、汚れを落とすだけでなく、同時に美肌、アンチエイジング効果も期待できるフェイシャルエステもできるフェイシャルソープを。
顔だけへの使用ならば、比較的、固い石鹸なので、水はけ、通気性の良いところで保管すると、5ヶ月ぐらい持ちます。コストパフォーマンスに優れた石鹸です。
ココナッツオイル 高い保湿効果。肌に優しく、泡立ちと洗浄力を与え、毛穴の黒ずみ、ニキビから肌を守り、清潔に美しく保ちます。
アーモンドオイル ビタミンA、B群、各種ミネラルを多く含む。きめこまやかな泡立ちをしてくれるため、石鹸のグレードアップに、よく使われるオイル。
セージ 殺菌力と肌の引き締め作用
カラスムギ穀粒油 ビタミンB類、ミネラル、食物繊維などの栄養が多く含まれており、皮膚炎のかゆみや、湿疹、日焼けへの効能。肌を柔軟に滑らかにしてくれます。
ベントナイトクレイ いわゆる粘土。老廃物を排出する働きがあり、古い角質を取り除くのでシミ、くすみ、ソバカスに良い。また、余分な皮脂の吸着力に優れており、ニキビ、シミ・湿疹や毛穴のケアに効果的。
ティートリー精油 殺菌作用があり、アボリジニには傷や感染症、皮膚の治療薬として利用されてきました。
表示切替: 並び順:
9件中1件~9件を表示
9件中1件~9件を表示

ページトップへ